EVENT

2021.10.29(金)更新

【12月13日開催】防災・日本再生シンポジウム~ジェンダー・ダイバーシティの視点から展望をひらく~

公立大学法人埼玉県立大学、埼玉医科大学及び一般社団法人国立大学協会と共催し、「防災・日本再生シンポジウム-ジェンダー・ダイバーシティの視点から展望をひらく-」をオンラインにて開催します。

みなさまのご参加を心よりお待ちしております!

 

 

 


  • 日 時  :12月13日(月)13:15~17:00 zoom(ウェビナー)開催
  • 対 象  :大学関係者、学生、地域のみなさま 300名(先着) ※参加費無料
  • 主 催  :国立大学法人埼玉大学
  • 共 催  :公立大学法人埼玉県立大学・埼玉医科大学・一般社団法人国立大学協会
  • プログラム:

   第1部 コロナ禍における地域医療・看護・福祉
    主催者挨拶・趣旨説明 13:15~13:25
      坂井貴文(埼玉大学学長)
      田代美江子(埼玉大学副学長(ダイバーシティ推進・キャンパス環境改善担当)
    講演① 13:25~13:45
     「コロナ禍における社会のジェンダー影響を考える」
      亀井美登里 氏(埼玉医科大学医学部 教授)
    講演② 13:45~14:05
     「コロナ禍におけるセクシュアル・マイノリティ」
      江口のぞみ 氏(埼玉県立大学看護学科 准教授)
    特別講演 14:05~14:45
     「コロナ禍におけるNursing Nowキャンペーン」
      福井トシ子 氏(日本看護協会 会長)
    質疑応答 14:45~15:00

     ~休憩~  15:00~15:15

   第2部 コロナ禍に顕在化するジェンダー不平等
    講演③ 15:15~15:35
     「社会福祉における女性支援策の課題―コロナ禍と母子福祉・婦人保護事業」
      湯澤直美 氏(立教大学コミュニティ福祉学部 教授)
    講演④ 15:35~15:55
     「災害・防災に関わる男女共同参画行政の取組みと課題―公務非正規問題を踏まえながら」
      瀬山紀子 氏(元埼玉県男女共同参画推進センター事業コーディネーター/明治大学兼任講師)
    特別講演 15:55~16:35
     「コロナ禍への日本政府の対応―事前が酷く事後もお粗末」
      大沢真理 氏(東京大学 名誉教授)
    質疑応答 16:35~16:50
    閉会挨拶 16:50~17:00

  • 申込み方法:申込みフォームより12月6日(月)までにお申込ください。
  •       お申し込みいただいたメールアドレス宛に、zoom情報等のご案内をメールいたします。

  • お問合せ先:埼玉大学ダイバーシティ推進室・総務部人事課教職員係

       E-mail:Diversity-s@gr.saitama-u.ac.jp  電話:048-858-9627


詳細はチラシをご覧ください。