埼玉大学における障がいのある学生支援(教職員の方)

埼玉大学では障がいを理由とする差別の解消推進に関する法律及び本法律に対応する学内規則に基づき、障がいのある学生の指導・対応上の問題について速やかに監督者(各部局の副学部長・事務長等)に連絡し、組織的対応を検討することとなっています

ダイバーシティ推進オフィスでは、男女共同参画推進の観点から、女性教職員の学生指導や研究室運営についてのご相談に応じています。障がいのある学生の指導や対応についてお困りのことがありましたら、まずはダイバーシティ推進オフィスまでご相談ください。

例えば、このような学生への対応に困難を感じていらっしゃいませんか?

  • 他者とのコミュニケーションが極端に苦手で、グループワーク等への参加が難しい
  • 主張や意見が一方的で、相手の意見や考えを理解しようとする姿勢に乏しい
  • 論述形式の試験やレポートが苦手である
  • 言葉を字義どおりに受け取り、表情・行動から相手の意図を読み取ることが難しい
  • 思い込みが激しく、柔軟な考え方ができない
  • 期日どおりに課題を提出することや、約束の日時を守ることができない
  • 不注意なミスが多く、同じミスを何度も繰り返す         等々

ダイバーシティ推進オフィス ダイバーシティ相談
相談員:ダイバーシティ・コーディネーター (ダイバーシティ推進オフィス教員)
相談可能日時:平日および祝日授業日 11:00~16:00
相談予約方法:E-mail:diversity-soudan@gr.saitamau.ac.jp Web予約:http://park.saitamau.ac.jp/~kyodo-sankaku/