自己組織化単分子膜の表面磁性の研究

 我々は界面におけるこれらの特異的な磁性に興味を持ち,本研究に取り組んでいる。
我々はこの表面の磁性を直接観測可能な表面磁気光カー効果(SMOKE)を用いて測定している。

research_kaimenbishouzisei01.gif

(図1) 表面磁気光カー効果

直線偏光の光を磁化された物質に照射すると、もともとの偏光面からθ_Kerr回転した直線偏光が反射される。
この回転角は物質の磁化の大きさに比例する。

アクセス

〒338−8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255

埼玉大学理学部基礎化学科中林研究室

TEL:048−858−3617 FAX:048−858−9424

添付ファイル: fileresearch_kaimenbishouzisei01.gif 247件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS