研究内容

私たちの体はおよそ60兆個の細胞で構成されており,細胞間の接着は様々なタンパク質や高分子により巧に制御されています。我々は,生体内における細胞界面のモデルを化学的手法により作製し,細胞接着の定量解明を目指しています。下図は、異なる化学的処理を施した高分子表面上の細胞の写真です。細胞が,親水処理をした基板より,タンパク質で処理された表面で強く接着していることがわかります。このようにして細胞接着を制御する因子を詳細に調べることで,単細胞から臓器形成に至る3次元組織化メカニズムの解明や,その動作機構に関する基礎的な知見を得ることができます。

celladhesion.jpg
アクセス

〒338−8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255

埼玉大学理学部基礎化学科中林研究室

TEL:048−858−3617 FAX:048−858−9424

添付ファイル: filecelladhesion.jpg 207件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS