バナー
連絡先
〒338-8570
埼玉県さいたま市桜区下大久保255
埼玉大学大学院
理工学研究科物質科学部門
生体高分子研究グループ
工学部機能材料工学科棟 5階
根本 直人
nemoto(@)fms.saitama-u.ac.jp
ご連絡の際は、@の( )を外してください。

学会発表

2016年

  •  cDNA display method and its applications for the in vitro selection of functional peptides”, Naoto Nemoto, 68回日本生物工学会大会 (富山国際会議場)

  • “完全人工デザインVHH抗体の進化工学的創製”、鈴木武尊、根本直人、第16回日本蛋白質科学会年会 (福岡国際会議場) 

  • “進化分子工学から見た生体高分子のキラリティーについて” 根本直人、生命の起原および進化学会 第41回学術講演会 (鳴門教育大学)

  • “ゆらぎ・進化・生体高分子― 実験室内進化実験から見た生体高分子 -”、第2回若手勉強会「ソフトマター若手勉強会」(東京大・検見川キャンパス)

  • “試験管内進化による次世代抗体の創製”、根本直人、自治医科大学・埼玉大学合同シンポジウム(自治医科大学)

2015年

  • 人工脂質二重膜結合ペプチドの試験管内淘汰とその応用、根本 直人大川 僚也吉川 祐紀宮嶋 俊樹小林 省太、第38回日本分子生物学会年会(神戸)

  • 金属プロテアーゼドメインの試験管内進化とその変異体活性評価、長谷川 敦上野 真吾眞塩 由佳根本 直人、第38回日本分子生物学会年会

  • 金ナノ粒子上への配向性をもった人工合成VHH抗体固定化法の開発、新井 秀直水谷 真奈松岡 浩司根本 直人、第38回日本分子生物学会年会

  • 試験管内ジスフィドリッチペプチドアプタマー淘汰のためのライブラリデザイン比較、種村 裕太郎望月 佑樹糠塚 明福田 裕章根本直人、第38回日本分子生物学会年会

  • 化学架橋剤導入による高安定化架橋ペプチドアプタマーの試験管内淘汰、水谷 真奈新井 秀直,種村 裕太郎望月 佑樹根本直人、第38回日本分子生物学会年会

  • In Vitro Selection of Liposome Anchoring Peptide by cDNA displayNaoto Nemoto, Ryouya Okawa, Yuki Yoshikawa, Toshiki Miyajima, Shota Kobayasi、第53回日本生物物理学会年会

  • In vitro selection and a simple and rapid pull-down assay of Camelidae single-domain antibodies that bind to cancer cytokineHideo Arai, Mana Mizugai, Koji Matsuoka, Naoto Nemoto、第53回日本生物物理学会年会

  • In Vitro Selection of Liposome Anchoring Peptide by cDNA displayNaoto Nemoto, Ryoya Okawa, Yuki Yoshikawa, oshiki Miyajima, , Shota KobayashiThe 29th Annual Symposium of The Protein Society

2012年

  • “抗体に代る新規分子識別スキャフォールド”根本直人、イノベーション・ジャパン2012 (東京、2012)
  • “In Vitro Evolution of an Enzyme by cDNA Display Method.” N. Nemoto and S. Ueno. The 26th Annual Symposium (San Diego, USA, 2012)
  • “Generation of Functional Peptides Consisting of Four Types of Amino Acids by a cDNA Display Method.” S. Kumachi, M. Suzuki, K. Nishigaki,Y. Husimi and N. Nemoto, The 26th Annual Symposium (San Diego, USA, 2012)
  • “Optimization of In Vitro Protein Selection using mRNA/cDNA Display Method to Search Functional Peptides and Proteins Rapidly” Y. Mochizuki, N. Nemoto, Protein & Peptide Conference2012 (Beijing, China)
  • “4種類のアミノ酸(GADV)からなる原始タンパク質の機能” 熊地 重文 、鈴木 美穂 、西垣 功一 、伏見 譲 、根本 直人、生命の起源および進化学会 第37回学術講演会 (大阪、2012)
  • “遺伝子型-表現型対応付け戦略から見た初期翻訳系の起源へのアプローチ” 根本直人、伏見譲、生命の起源および進化学会 第37回学術講演会 (大阪、2012)

2011年

  • “Cell-free protein synthesis within normalized water-in-oil emulsions generated by a microfluidic device”, Y. Tanigaki,R. Iizuka,T. Sakurai,R. Sekine,D. H. Yoon,M. Suzuki,K. Nishigaki,S. Shoji,T. Funatsu,N. Nemoto, 第34回日本分子生物学会年会(MBSJ2011)(横浜、2011)
  • “Improvement of a puromycin-linker for cDNA display towards realizing universal in vitro selection applications” S. Ueno,N. Nemoto, 第34回日本分子生物学会年会(MBSJ2011)(横浜、2011)
  • “An exploration of liposome membrane-binding peptides by cDNA display” S. Kobayashi,M. Suzuki,K. Nishigaki,N. Nemoto, 第34回日本分子生物学会年会(MBSJ2011)(横浜、2011)
  • “In vitro evolution of peptide aptamers against survivin from a novel three-finger scaffold library by cDNA display” Y. Yotsumoto,Y. Mochizuki,M. Suzuki,K. Nishigaki,N. Nemoto、第34回日本分子生物学会年会(MBSJ2011)(横浜、2011)
  • “cDNA display法によるジスルフィド結合を複数含むペプチドライブラリからのアセチルコリン結合タンパク質結合ペプチドアプタマーの試験管内淘汰” 根本直人、木村真之介、熊地重文、Cai Wei yan、鈴木美穂、西垣功一、久保 泰、第48回ペプチド討論会(札幌、2011)
  • “タンパク/ペプチドの簡易で迅速な精製・ビオチン化法”根本直人、イノベーション・ジャパン2011「新技術説明会」(2011年9月21日) (141-145) (東京、2011)
  • “mRNA/cDNAディスプレイ法を応用した迅速なタンパク質-分子相互作用解析法” 第49回日本物理学会年会51巻(3I1346) (兵庫、2011)
  • “Generation of functional peptides consisting of four kinds of amino acids by in vitro selection-An approach to the origin of translation” S. Kumachi, M. Suzuki, K. Nishigaki, Y. Husimi, N. Nemoto (2011年9月16日~18日) 第49回日本物理学会年会51巻3N1124 (兵庫、2011)
  • “In vitro selection of protease - an approach towards the evolution of an enzyme using in vitro display method” S. Ueno & N. Nemoto (2011年9月16日~18日) 第49回日本物理学会年会51巻3N1012 (兵庫、2011)
  • “cDNA display法による新機能分子の創出” 根本直人、理研シンポジウム第6回「バイオものづくり」シンポジウム(2011年5月10日)(和光、2011)

2010年

  • “cDNA display法によって得られたIL-6R結合ペプチドアプタマーのアンタゴニスト活性” 根本直人、筒井千尋、上野真吾、町田雅之、坂井貴文(2010年12月7-10日)372(3P-1172) (神戸、2010)
  • “遺伝子型-表現型対応付け戦略から見た初期翻訳系の起源へのアプローチ” 根本直人、伏見譲、第48回日本生物物理学会年会(2010年9月20日~22日), S70(1P-285)(仙台、2010)
  • M1の福島貴之君が第10回日本タンパク質科学会(札幌)とGEヘルスケア主催「BIA Symposium 2010 アフィニティーのその先へ」で発表をしました。 
  • “無細胞翻訳系合成タンパク質の迅速な精製技術とそのタンパク質間相互作用解析への応用” 福島貴之, 小林寿珠子, 鈴木美穂, 西垣功一, 久保泰, 根本直人、第10回日本タンパク質科学会、(2010年6月16日) , 1P-098 (札幌、2010)
  • “無細胞翻訳系合成タンパク質の迅速な精製技術とそのタンパク質間相互作用解析への応用” 福島貴之, 小林寿珠子, 鈴木美穂, 西垣功一, 久保泰, 根本直人、 BIA Symposium 2010、(2010年7月16日) (東京、2010)

2009年

  • M1の木村真之介君と望月祐樹君が第32回日本分子生物学会年会(2009年12月9日~12日)において”cDNA display法”関連のポスター発表をしました。
  • 1)”新規ピューロマイシン・リンカーを用いたcDNA ディスプレイ法の簡便で効率的な調整法” 望月祐樹、ビヤニ・マニッシュ、鈴木美穂、西垣功一、根本直人, 日本分子生物学会第32回日本分子生物学会年会 (BMSJ2009), 429 (3P-0826) (横浜、2009)
  • 2)”cDNA/mRNAディスプレイ(in vitro virus法)に最適なmRNA構造” 木村真之介、望月祐樹、鈴木美穂、西垣功一、根本直人, 日本分子生物学会, 第32回日本分子生物学会年会 (BMSJ2009), 429 (3P-0827) (横浜、2009)
  • 3)”cDNA display法: mRNA display (in vitro virus)法の改良による新機能ペプチドの創出” 根本直人、山口淳一、モハメッド・ナイムジン、マニッシュ・ビヤニ、町田雅之、伏見譲, 日本分子生物学会 第32回日本分子生物学会年会 (BMSJ2009), 429 (3P-0825)(横浜、2009)