本文へスキップ


埼玉大学 平成24年度 サイエンス・リーダーズ・キャンプ
「放射線・放射能除染等の科学的理解を深める理科教員合宿研修 
成果報告会」


目的:本成果報告会は、平成24年8月22〜25日に実施したサイエンス・リーダーズ・キャンプ「放射線・放射能除染等の科学的理解を深める理科教員合宿研修キャンプ」で得られた知識と体験を活用し、その後実践された理科授業やその他の活動の成果を持ち寄り、発表と意見交換、実演等を行うことで、キャンプの成果の一層の波及を目的とするものです。



スケジュールSCHEDULE



3月27日(水)(総合研究棟1階シアター教室)

12:30 受付 
13:00~13:20 開会挨拶(永澤明教授)
オリエンテーション(小倉康准教授)
 13:30~15:00  実践成果の発表と意見交換T
 15:15~16:45  実践成果の発表と意見交換U
 17:00  1日目のまとめ
   

3月28日(木)(教育学部G棟109実習室)

9:00~10:00 模擬授業・開発教材の提案(協力 村田直之氏・ケニス(株))
10:20~11:20 放射線教育用読み物教材の授業利用についての 情報提供と意見交換
(協力 佐藤年緒氏・JST)
11:30~12:00 講評・助言(各講師)
12:00 閉会行事後、解散
 

平成25年3月27,28日に行われた成果報告会の様子






サイエンス・リーダーズ・キャンプ参加者の実践成果の報告



実践報告1 →「福島県の高等学校における校舎内外の放射線測定」
実践報告2 →「放射線に関する授業の実践報告」
実践報告3 →「実践報告について」
実践報告4 →「サイエンスリーダーズキャンプ実践報告」
実践報告5 →「放射線・放射能除染等の科学的理解を深める理科教員合宿研修実践報告」
実践報告6 →「放射線についての学習を終えて(成果と課題)」
実践報告7 →「放射線への興味・関心を高める授業づくり」
実践報告8 →「放射線に関する授業実践報告」
実践報告9 →「平成24年度 サイエンス・リーダーズ・キャンプ実践報告」
実践報告10→「平成24年度 サイエンス・リーダーズ・キャンプ 実践報告」
実践報告11→「サイエンス・リーダーズ・キャンプ実践報告」
実践報告12→「サイエンス・リーダーズ・キャンプでの学びを生かした放射線学習に関する取組」
実践報告13→「実践報告」
実践報告14→「2011.03.11/Fukushimaと教育 〜Miyazakiからのアプローチ〜」
実践報告15→「平成24年度「サイエンス・リーダーズ・キャンプ」実践報告」
実践報告16→「放射線をどのように教えるか 〜H24 サイエンス・リーダーズ・キャンプ「放射線・放射能除染等の科学的理解を深める理科教員合宿研修」に参加して〜」
実践報告17→「安達高校における「放射線教育」 −大震災・原発事故を乗り越えるためにー」
実践報告18→「放射線・放射能除染等の科学的理解を深める理科教員合宿研修に参加して」
実践報告19→「実践報告書」
実践報告20→「研修成果を生かした教育的取組についての実践報告」
実践報告21→「サイエンスリーダーズキャンプ 研修実践報告」
実践報告22→「放射線に関する授業実践報告」

関連報告 1→「霧箱で放射線の飛跡をとらえる実験」 ケニス(株) 村田 直之
関連報告 2→「子ども用図書「放射線ってな〜に」の発行について」 JSTサイエンスウインドウ編集長 佐藤 年緒


バナースペース

お問い合わせ

〒338-8570
さいたま市桜区下大久保255
埼玉大学教育学部理科教育講座
准教授 小倉 康

TEL 048-714-2014
FAX 048-714-2014
MAIL ogura◎mail.saitama-u.ac.jp
メールアドレス内の◎を@に置き換えて送信してください。