* 中林・吉川研究室の研究内容  [#nc47684f]
<<更新中>>

当研究室は,界面を〜呂覘測る1用する,をキーワードに、表面界面における物理化学の研究を行っています。特に,電気的な界面における化学反応,生体内の界面における生命現象,金属基板と気体水溶液との界面に自然発生する微小な気泡(nanobubble), 電子をナノ空間に閉じ込めた量子ドットなどの研究をしています。

具体的には以下のような研究テーマがあります。

|#ref(thum_research_hisenkeikagaku.jpg,left,nowrap,110%)|SIZE(12):[[非線形電気化学振動子]]&br; 非線形性を取り込むことにより、時空間域での秩序形成機能力と、外乱に対するロバストネスが獲得される。|
|#ref(thum_celladhesion.jpg,left,nowrap,130%)|SIZE(12):[[細胞接着の定量評価]]&br; 細胞間で働く引力・斥力相互作用を定量解明して、多細胞生命体形成の真理迫っています。|
|#ref(thum_hukuzatukeinoriality.jpg,left,nowrap,)|[[複雑系のリアリティ]]&br; 非線形電気化学について。|
|#ref(Calcite_AFM.jpg,,10%)|SIZE(12):[[液中原子間力顕微鏡の開発と固液界面現象の原子スケール計測]] &br; ̄嫦羝胸甸嵶聾家鏡の性能向上や物性計測技術の開発 &br;⇒諭垢文捻娚μ霧従櫃慮胸卻解能観察とそのメカニズムの解明|
|#ref(pitting1.jpg,,10%)|[[Nonlinear Dynamics]]&br;Nonlinear Dynamics is a branch of Thermodynamics which incorporates the study of "Self Sustained Systems" or one can say "Self Sustained Oscillators".|
||[[Nonlinear study of the collective phenomenon along with the autonomous behavior of an ensemble of interacting dynamical elements]]&br;|
|#ref(pitting2.jpg,,30%)|[[Nonlinear Dynamics]]&br;Nonlinear Dynamics is a branch of Thermodynamics which incorporates the study of "Self Sustained Systems" or one can say "Self Sustained Oscillators".|
|#ref(運動界面.jpg,,30%)|SIZE(12):[[運動界面の構築による細胞動態の解明]]&br; 細胞の動力源であるモータータンパク質、細胞骨格タンパク質の分子を利用して、ナノメートルからマイクロメートルの大きさで動作する環境を構築し、未知の細胞挙動を明らかにします。|

&size(13){過去の内容は};[[&size(11){こちら};>http://park.saitama-u.ac.jp/~nakabayashi-lab/index.php?%B2%E1%B5%EE%A4%CE%B8%A6%B5%E6%C6%E2%CD%C6]]
アクセス

〒338−8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255

埼玉大学理学部基礎化学科中林研究室

TEL:048−858−3617 FAX:048−858−9424

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS