埼玉大学理学部基礎化学科中林・吉川研究室公式ホームページ
中林・吉川研究室へようこそ!!


cover.jpg
このサイトでは中林・吉川研の人と研究を紹介しています。


NEWS

2018年4月:
M2の服部多聞君が研究室ロゴを制作してくれました。上下二つの横棒は、ハードマテリアル(上)とソフトマテリアル(下)を示し、その間の研究室名(NYL:Nakabayashi-Yoshikawa Laboratory)は異なる領域の境界に位置する界面化学の研究室であることを表しています。また、図形の中に、研究室のテーマ「界面を創る(Creation)、測る(Measurement)、応用する(Application) 」の頭文字三つが隠れています。

titile-j.gif
 

2018年4月12日:
吉川洋史准教授が平成30年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しました。
文部科学省報道発表
埼玉大学の紹介

2018年3月:
M2、B4の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
今後益々のご活躍をお祈りいたします。

2018年3月19日:
M2東郷祥大君の第43回応用物理学会講演奨励賞・授賞式が早稲田大学で執り行われました。今後益々の飛躍を期待しています!
当日の写真

2018年3月8日:
M2東郷祥大君、M1横山剛志君が埼玉大学学生表彰を受賞しました。おめでとうございます!
表彰式の写真
埼玉大学ニュース

2018年1月26日:
M2の鈴木大希君が、第46回結晶成長国内会議にて学生ポスター賞を受賞しました。本賞は、結晶成長学の発展に貢献しうる優秀なポスター発表をした学生に贈られるものです。おめでとうございます!

2017年12月16日:
研究室忘年会を開催しました。卒業生も多数参加して頂きとても楽しい時間でした。またお会いできるのを楽しみにしております。
集合写真はこちら

2017年12月13日:
吉川准教授が日本結晶成長学会第34回論文賞を受賞しました。京都府立大学の丸山美帆子先生との共同受賞です。
日本結晶成長学会・授賞者紹介
埼玉大学ニュース

2017年12月7日:
吉川准教授が平成29年度埼玉大学学長奨励賞(教育・研究)を受賞しました。

2017年11月21日:
M2の東郷祥大君が、第43回(2017年秋季)応用物理学会講演奨励賞を受賞しました。本賞は、春季および秋季の学術講演会において、応物の視点から極めて優れた一般講演を行った若手研究者(33歳以下)に授与されるものです。今回は、809件の発表者の中から、37名が選ばれ、採択率は5%未満という狭き門でした。東郷君は、2018年の春季学術講演会(3月17日〜20日,早稲田大学)にて受賞記念講演を行う予定です。おめでとうございます!
該当ページ

2017年11月21日:
M1の横山剛志君、M2の東郷祥大君が、第7 回CSJ 化学フェスタ2017「優秀ポスター発表賞」を受賞しました。本フェスタでは、8 分野から合計1,073 件の学生ポスター発表が行われました。この中から審査を希望するポスター発表に対し、1) 研究に対して発表者が十分に寄与していること、2) 質疑応答に優れていること、3) 独自性が認められ、今後の発展が期待できること、の3 つの観点から審査が行われ、最終的に198 件の「優秀ポスター発表賞」が選出されました。おめでとうございます!
該当ページ

2017年10月12日:
川村隆三助教が、公益財団法人マツダ財団から「第33回(2017年度)マツダ研究助成」を受けました。今年度は、全国の大学・研究機関から436件の応募があり、その中から「科学技術振興関係」部門31人に、川村助教が選ばれました。
埼玉大学のニュース

2017年9月19日:
M1の竹重拓也君が日本台湾交流協会奨学金に採択されました。本年11月より約2ヶ月間、国立交通大学に滞在する予定です。

2017年9月2日:
第78回応用物理学会秋季学術講演会(9月5日〜9月8日)における吉川准教授の以下の講演がプログラム編集委員がおすすめする注目講演に選ばれました。

  • 【3.光・フォトニクス分科内招待講演】9月7日13:15〜13:45
    「フェムト秒レーザーアブレーションによる有機結晶の成長制御」 吉川 洋史(埼玉大院理工)
  • 推薦理由:レーザーを用いて溶液中の結晶化を時空間制御するアプローチが注目を集めている中、講演者は、レーザーアブレーションによる結晶の破壊に基づいた独創的な結晶成長制御法に関する研究を展開してきた。特異な結晶成長様式の発生や、有機低分子やタンパク質の単結晶や大型結晶が作製されており,結晶成長制御応用の観点からも注目される。
  • ウェブでの告知

2017年9月1日:
M1の岡野和希君が平成29年「埼玉発世界行き」カルソニックカンセイ未来奨学金の理系コース(募集1名)に採択されました。9月からダブルマスターディグリープログラム生として国立交通大学(台湾)に長期滞在する予定です。
壮行会の様子

2017年4月18日:
吉川准教授のレーザー結晶化に関する研究成果のレビューが,化学5月号(化学同人)の解説に掲載されました。「結晶を壊して大きくする!?」として雑誌表紙に取り上げられています。
該当雑誌

2017年3月:
M2の学生さんが研究室から巣立っていきました。
佐藤健さん、永沼智也さん、ご卒業おめでとうございます。

2016年10月25日:
吉川准教授のレーザー結晶成長に関する論文がNature Photonicsに掲載されました。同誌11月号のON THE COVER(雑誌見出し)とTable of Contents Artにも採択されています。

NP_cover_3-1_.jpg

2016年10月1日:
台湾からWu Chi-Shiunさんが研究室メンバーに加わりました。国立交通大学(台湾)と埼玉大学とのダブルドクターディグリープログラム1期生として、まずは今月より当研究室に1年間滞在し、最終的にダブル博士号の取得を目指します。

2016年10月:
二国間交流事業に採択され、ハンガリー科学アカデミーとの共同研究を始めています。8/27-9/25 には、M1の高橋祐貴君がハンガリーにて研究を行いました。ハンガリーからは、今月10日よりDr.Miskolczyが共同研究に来ます。

2016年7月:
吉川准教授が、日本・アジア青少年サイエンス交流事業「さくらサイエンスプラン」に採択され、国立交通大学(台湾)の学生4名を受け入れました。写真はこちら

2016年6月17日:
M1の東郷祥大君が、「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム〜」に採択されました。おめでとうございます!世界有数の再生医学の拠点であるシンシナティ小児病院(米国)に10月から5ケ月間研究滞在する予定です。
埼玉大学の記事はこちら

2016年6月23日:
M1の馬場健吾君が、「平成28年度ナノテクノロジープラットフォーム 学生研究プログラム」に採択されました。おめでとうございます!7月に九州大学にて研究を行う予定です。

2016年6月9日:
3月に本研究室を卒業した西村晋平君が、トビタテ!留学JAPANのホームページに取り上げられました。
西村君は、「官民協働海外留学支援制度〜トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム〜」の第1期生として台湾国立交通大学へ留学しました。さらに、埼玉大学初のダブル・ディグリー・プログラム学生として、2016年1月には国立交通大学の修士号を、同年3月には埼玉大学の修士号を取得し、トビタテ生として大きな成果を挙げました。

2016年6月7日:
吉川准教授と大阪大学森研究室との共同研究に関する以下の学会発表が、Nature Photonics誌で取り上げられました。詳しくはこちら

  • 学会:第63回応用物理学会春季学術講演会(2016年3月19日〜22日,東工大 大岡山キャンパス)
  • 題目:フェムト秒レーザーアブレーションを用いた成長機構転換によるタンパク質結晶の高品質化 [21p-W331-1]
  • 発表者:冨永 勇佑、丸山 美帆子、吉村 政志、杉山 成、安達 宏昭、塚本 勝男、松村 浩由、高野 和文、村上 聡、井上 豪、吉川 洋史、森 勇介

2016年4月1日:
M1の鈴木大希君が交流協会の若手研究者交流事業(summer program)に採択されました。おめでとうございます!10月から国立交通大学(台湾)に2ケ月間研究滞在する予定です。

2016年3月末:
B4,M2,D3の学生さんが研究室から巣立っていきました。
松崎賢寿さん、西村晋平さん、池滝憲太郎さん、柏木顕太朗さん、齋藤浩一さん、下川裕子さん、関谷亮太さん、菊池栞さん
ご卒業おめでとうございます。
松崎さんは日本学術振興会特別研究員PDとして横浜市立大学医学部に赴任します。
これからの皆さんのご活躍をお祈りしています。

2016年3月24日-27日:
M2の阪上健君、M1の佐藤健君、B4の東郷祥大君が第96日本化学会春季年会にて口頭発表を行いました。

2015年12月15日-20日:
Pacifichem 2015(ホノルル,米国)に参加してきました。
写真はこちら

2015年12月8日:
西村晋平君が国立交通大学(台湾)での修士課程の発表会を無事終えました。埼玉大学と国立交通大学とのダブルマスターディグリープログラム1号生として、来年2月の埼玉大学の修論発表会でも発表予定です。
当日の様子はこちらこちら

2015年7月30日:
Studytrip Astatineプログラムで来訪したトゥエンテ大学(オランダ)の17名の学生に対してラボツアーを実施し、当研究室の研究や装置を紹介しました。
当日の様子はこちら

2014年度以前はこちら

最新の10件
2018-04-23 2018-04-20
アクセス

〒338−8570 埼玉県さいたま市桜区下大久保255

埼玉大学理学部基礎化学科中林研究室

TEL:048−858−3617 FAX:048−858−9424

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS