Center for Research and Training on International Development

国際開発教育研究センター      

特別教育プログラム「Global Youth (GY)」


-地球規模の問題解決に貢献する人材の育成-

世界の人口の8割を占める途上国の開発をどう進めるのか。確固たるシナリオなき世界に向き合い、多様な課題を理論的、実践的にリードしていける人材育成を目的として、特別教育プログラム「Global Youth(GY)」を開設しています。

プログラム概要および要件 

■GYプログラム概要(PDF)

- 所属学部の専攻分野をベースとした国際開発専門科目の履修 -
 所属学部での授業科目を学びつつ、併行して1年生後期~4年生後期に国際開発専門科目を履修し、4年間で卒業します。
- 海外留学 -
 本学での英語スキル教育に加え、海外留学を行うことにより、英語による表現・発信能力、思考能力を身につけます。
- インターンシップ -
 開発関係機関や企業におけるインターンシップに参加し、社会の現場での実践的経験から開発の現状を学びます。
  → インターンシップ体験記はこちら
- 参加要件 -
 本プログラムは、選抜制です。参加希望者はコース開始前にTOEICが一定以上の得点に達していることが求められます。
 → 
GYプログラム志願者むけ情報はこちらから 

GY5期生の声


加藤 みつき 平成28年度卒業 GY5期生/経済学部
(インドv-sheshでのインターンシップにて/写真中央)
就職先:株式会社ゼネラルパートナーズ



留学をしたと話すと、留学はどこかハードルが高いことというイメージがあるからか「帰国子女なの?」と聞かれることが多々ありました。私は地方の高校普通科を卒業し、GYプログラムがあったので、埼玉大学に入学しました。しかし初めて受けたTOEICの点数はGYへの応募要件を満たすものではありませんでした。もし、これを読んでいるみなさんが今の時点で参加要件を満たしていなかったとしても、頑張るだけの価値があります。GYプログラムを修了して良かったと思うことは沢山あります。ワイオミング大学への留学やv-shesh(インド・社会企業)でのインターンシップ、講義などを通じて、尊敬できる人・先生・仲間を広く世界に持てたこと、夢の実現や目標の達成に近づけるよう、サポートして頂ける環境にも恵まれました。ラオスの少数民族の村でのホームステイ体験を通じて、社会の辺縁部にいる人の生計向上の仕組みに興味を抱いたことから、ワイオミング大学ではネイティブアメリカンに関する講義を受講し、学生団体にも入りながら、ネイティブアメリカンの友人に保留地へ連れて行ってもらう等、考えを深めました。また、女子ラクロス部の活動に参加し、自分よりも身体が一回り大きい仲間とシーズンを共に過ごしたことや、学内で出会った様々な出身国・宗教の人と関わった経験は、自分の固定概念を何度も揺さぶり、自分は何ができるのか、何者なのかを問うきっかけとなりました。GYプログラムを通じて得た様々な経験・知見から、新たな目標が見つかるということもあるでしょうし、1つの目標により近付くということもあるかと思います。私は、v-sheshでのインターンシップを通じて、社会課題を解決しようと主体的に取り組まれている社会起業家の方と出会い、その方のもとで働く機会を得られたことで、なりたい自分への考えを深める大きな転機がありました。一度きりの大学生生活に、GYプログラムというスパイスを加えて、目の前のことに精一杯取り組んでいくと、その延長線上にぼんやりとでも、きっと何かが見えてくると思います。ぜひこのプログラムを有効活用してください。


GY Brown-bag Seminar

GYプログラムでは、国際的視野を広げることを目的として、学内外の様々な分野の有識者や組織でご活躍されている方々をお招きし、
お昼休みを使ったミニセミナーを BBセミナー(ブラウンバッグ・セミナー:お昼持ち込み可のセミナー)と題して開催しています。
開催時間は12:15-12:55、場所はGY学生実習室(教育機構棟2F)です。どなたでも参加できますので、お気軽に参加下さい。


2017年スケジュール
■2017年夏に途上国でインターンシップを行った学生による報告会を開催します。皆さんのご参加をお待ちしております。

                   過去のセミナーと感想はこちら
  講演者 および講演タイトル 
10月11日(水)
終了しました
スピーカー:井出 森洋さん (教養学部3年・GY7期生)
実施先:JICAベトナム事務所
              
 10月18日(水)
終了しました
 スピーカー:長妻 美智子さん (経済学部4年・GY6期生)
実施先:(株)ノムラ化成 (タイ)/埼玉県海外インターンシッププログラム
 10月23日(月)
終了しました
 スピーカー:大谷 彩瑛さん (教養学部3年・GY7期生)
実施先:JICAキルギス事務所/JICAインターンシッププログラム
 11月1日(水)  スピーカー:立川 友菜さん (教養学部3年・GY7期生)
実施先:ICネット/アジア実践型プログラム(ラオス)
 
 11月13日(月)  スピーカー:齋藤 紅葉さん (教養学部3年・GY7期生)
実施先:ECOSS/シッキム州環境保全NGO (インド)
 
 11月28日(火)  スピーカー:坂本 雅咲さん (教養学部3年・GY7期生)
実施先:JICAインド事務所、JICAタンザニア事務所
 

今後のBBセミナー日程についても随時お知らせします
Copyright (C) 埼玉大学 国際開発教育研究センター. All Rights Reserved.